脱毛サロンで脱毛をしても変化がないと感じる理由は?

koukanai

脱毛サロンを利用して脱毛を受けたが、その日にほとんど変化がないというケースがあります。

せっかく脱毛をしてもらったのに、ほとんど変化がないとなれば何だか効果が出ないんじゃないか?と不安になってくる人もいるでしょう。

こういった経験は結構多くの人がする可能性がありますが、基本的には脱毛に対する知識がないために起きる誤解ということになります。

脱毛した直後やしばらくしても変化がないというのは、珍しいことではありません。
レーザー脱毛の場合、レーザーによって毛の毛母細胞に働きかけて、その働きを弱めるというプロセスになります。

したがって、毛母細胞の働きが弱まっているとしても、それが目に見えて分かるまでには時間がかかるのです。
そうなると、脱毛をした日とか、それからしばらく経ったときであっても、まだ目に見える変化がないことは普通であると言えます。

実際にレーザーを当てた毛が抜けてくるまでには時間がかかりますが、2週間以上はかかると思っておいた方が良いと思います。

個人差があるので、そういった変化が起きるまでにかかる時間というのは人によって違うということを知っておかないといけませんけど
2週間くらいは最低でも待たないといけないのです。

基本的にレーザー脱毛を当てて、2週間以上経っても全く変化がないということはまずありえないでしょう。変化自体は確実にあるはずなので、そこは心配しなくても良いとは思います。

しかし、効果がどれくらいあるのか?という部分に関して言えば、個人差があるので大きい人もいれば、そうじゃない人もいます。

それは利用者の個人的には肌の問題とか、脱毛サロン側の力量などの部分もかかわってきますから、どうしても差が出てきてしまうのです。

でも、レーザー脱毛を当てたのに何の変化も起きないということはまずないので、そこは心配しなくても良いと思うのです。

脱毛というのは即効性をそこまで期待するものではないので、どうしても時間がかかるというのはあらかじめ頭に入れておくべきです。そういった知識がないと、心配になってくるという人もいると思いますから。

一般的に言うと、レーザー脱毛と光脱毛に関しては脱毛後に変化が現れるまでに時間がかかりやすいと言われています。

この2つは割と主流なので、多くの利用者にとっては即効性は感じられず、2週間以上経過してから変化が見られるということになると思うのです。

ただ、全部の脱毛方法がそういった状況になるわけではなく、ニードル脱毛に関してはやや即効性があると言えるのではないかと思います。

ニードル脱毛は毛母細胞に与えるダメージが大きいので、脱毛をしたときからすでにかなり毛母細胞の働きが弱まっています。

だから、実際に目に見える変化を感じるまでのスピードが早いと言えるので、どうしても早く脱毛の効果を実感したいという人はニードル脱毛を選択すると良いかもしれません。

ニードル脱毛はレーザー脱毛と比べたら主流ではないですし、受けられるところが限られるという部分がありますけど、こういった点においてはメリットがあるということになるのです。

脱毛の方法によって脱毛の変化の現れ方が変わるというのは、あまり知られていない部分かもしれませんが、知っておくとお得であるということは言えると思います。

脱毛方法というのはそういった部分のみで決めるわけではないと思いますけど、こういった点も基準にしていくと良いでしょう。

同時にそれぞれの脱毛方法についてより詳しくなっておくチャンスでもあるので、レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛のメリット、デメリットを整理して、そのうえで脱毛の方法を選択していくようにすると良いのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする